ネット上で見つけたお得な情報・ニュースや面白いWEBサイトなどを気ままに綴っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台育英4連覇阻止・歴代3位の好タイム

男子第57回全国高校駅伝は24日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に7区間42.195キロで争われ、世羅(広島)2時間3分18秒で、32年ぶり5度目の優勝を飾った。優勝回数5回は大牟田に並ぶ歴代5位。

世羅は1区のギタウが2位でスタート、2区小盛が順位を守り、3区の2年生鎧坂でトップに躍り出た。4区の主将清谷、5区堀、6区中原薫とつなぎ、7区中原大がテープを切った。

留学生のギタウを除く6選手は、広島県内の中学校出身の選手ばかり。「エリートはいない。けれど、打てば響く素直な子どもばかり」と岩本真弥監督。手塩に掛けた選手たちはすくすく育ち、大輪の花を咲かせた。

世羅の優勝は、1974年の第25回大会以来。23回と合わせ、通算5度目の優勝となった。

1区 ジョセフ・ギタウ (3年) 28:39 区間 2位
2区 小盛 玄佑 (3年)   8:34 区間 23位
3区 鎧坂 哲哉 (2年)  24:18 区間 3位
4区 清谷  匠 (3年)  23:15 区間 1位
5区 堀  弘樹 (3年)   9:13 区間 15位
6区 中原  薫 (3年)  14:49 区間 7位
7区 中原  大 (1年)  14:30 区間 4位

優勝回数
①西脇工(8)
②小林(7)
③報徳(6)
③仙台育英(6)
⑤世羅(5)
⑤大牟田(5)

▽地域の支援に感謝 世羅・岩本監督の話 言うことはない。感無量です。選手がよく走ってくれた。レースで負け続けても地域の人が支援を続けてくれてこういう結果になった。感謝している。特別な指示はしていない。選手が普段通りの走りをして勝った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kimagurenakaze.blog79.fc2.com/tb.php/100-76983d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。